2007年11月28日

饅頭は割ってみないと何餡かわかりません

表面をサラッと撫でて、批評する事はとても簡単だ。
とりあえず、感想を述べればいい。

表に見える所を掻い摘んで、褒めるなり貶すなりすれば良い訳だから、そんなに簡単な事はない。

ただ、本質を見ている人からしたら、『あ、この人表面的な部分しか見てないな。』ってバレバレになる訳で、
同時に、『きっと、その程度の人なんだな。』って、今度は自分自身が表向きの印象による批評の的になる訳で。

あんまり楽しい事もないから、とりあえず批評するなら中身を吟味した方がいいし、
中身を吟味するのが面倒なら、心に留めて外に出さない方が良いんだろうな〜、

って、そんな事をおもう。




☆今日の言の葉☆

白餡だと思いきや、うぐいす餡かもしれない。
posted by ミツキ at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

そこで流されるな。

自己原因じゃない、自分の力じゃどうしようもない『不幸』ってあるでしょ。
『巻き込まれ型不幸』?、みたいなね。

そう言うのって、『自己責任型不幸(別名・自業自得)』と違って、問答無用な部分が多々あるので、
悲劇のヒロインになりやすいというか、なんと言うか。
そういう要素があると思う。


「あぁ、どうして私ってこんなに不幸なの?」

って、寸劇のセリフみたいに書いちゃうと、『そんな事思わねーよ。』って感じるかも知れないけど。
でも、『どうして私が…』とか、『本質は自分とは関係ないのに…』とか、そんな風に思うことってあるでしょ?

思わない?私だけかな?


まぁ、ともかく。
今まで私は、そんな『どないせーっちゅうねん!!』みたいな事に捲込まれてしまった時、
『どうせ、私はこう言う星の下に生まれてるんやわ。』って、妙な諦め感に襲われて、それで結構色んな事を自分から手放してきた。

考えてみたら、どこにも自分が諦める理由がないのに。


人の為に自分が何か―例えば夢だったり、時間だったり―を諦める。
本当にそうせざるを得ない時がある。実際にね。

だけど、『そうせざるを得ない』真の八方塞がり以外の時でも、
『そうせざるを得ないんだ』って自分で思い込んで、出来ない言い訳にしてる事ってあると思うんだよね。

と言うか、そうして自分で勝手に諦めたよ、私は。
沢山、そうやって間接的に誰かのせいにして諦めた。

ずるいよ、自分。カッコ悪い。


と言う事で、今回は諦めずに行こうと思う。
ここで、流されるな。

負けない。




☆今日の言の葉☆

『身の不幸』を言い訳にするな
posted by ミツキ at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

君に会って、話そう。

『アノ人に会って、早くこの話をしたい!!』って思うのが楽しい。

携帯をね、パッて開いてボタンを押して、
電話やメールで伝えれば簡単で早いのは知ってるんだけど。

でも、やっぱり顔を見て話したいな、って思う。
その雰囲気や空気を共有したいな、って思う。


『早く会いたい、早く伝えたい』のドキドキワクワクは、遠足の前みたいな気分。


早く、早く。
君に会って、話そう。




☆今日の言の葉☆

話したいこと考えてる
posted by ミツキ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

カッコいい『若造』

尊敬している上司の言葉。
今までも尊敬しまくりだったんだけど、この言葉を聞いて更に大好きになりました。

仕事の都合上、所謂クレームってヤツを結構受けることがあるんですよ。
そんな時、対応に困ることが間々あって、どうするのがいいんですかね?って質問をしたわけです。
で、その上司さんだったらどうするか、って言うお答えの中から一部抜粋。


『年配の方からのお申出の時、こんな若造を本気で叱ってもらえる事に感謝して、一生懸命話を聞く。』


なんかグッときた…。
巧く言葉に出来ないけど本気で感心しました。むしろ感動。

これって簡単そうに聞こえるけど、とても難しいだと思うんですよ。
少なくとも未熟者な私では、常に意識してなければ出来ない。
その上司さんは私より2つ年上の方なのですが、こんな考え方ができるなんて、本当に尊敬です。

ホンマの意味で『カッコいい人』って言うのはこんな人の事を言うんやろうなって思う。
不覚にもときめきました(笑)




☆今日の言の葉☆

真摯であれ。
posted by ミツキ at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

なんか。

冬が近いからかな?どうもテンションが低くて困る。

人の事を真直ぐ見ることが出来ない。
ものすごい斜めから見てしまう。

職場の凄く尊敬する上司の言う事ですら、すごく疑ってかかっており、ホンマに尊敬しているのか、自分で自分が分からない時がある。
家族ともピリピリしてるし。

なんだろね?
どうしよう。




☆今日の言の葉☆

こんな自分が凄く嫌だ
posted by ミツキ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

あぶない、あぶない

あぶなかった。
このまま2ヶ月なんも書かずに、自然消滅道まっしぐらするところでしたよ。

なんか、書いてない1.5ヶ月間、色んな事が起こりすぎました。

仕事は相変わらずキチキチで入ってるんだけど、それはまぁ一種趣味とすら化してきてるというか、
それはそれで『ま、いっか。』と言う感じなんですが。


祖母がね、亡くなったんです。
岡山の生家を出るまで18年間一緒に暮らした祖母が。

若干認知症の傾向もありましたし、足腰が弱っていたので祖父の介添え無しには生活できなかったんですけど、
それでも大病を患っていたとか、完全な寝たきりだったとかではないんです。
だから、本当に突然で。
突然だったから、相当バタバタで。

それを起因に、色んなところでバタバタしてて。
ま、そんなんで。

祖母についてはまた書きます。
書きたいことが沢山あるから。


今回の事で痛感したのは、やっぱり貯金はしといて正解って事。
ってね、こう言う書き方すると、すごく厭らしい人間みたいで嫌なんだけどさ。
だって、本当にそうなんだもん。

『もしもの時用』って事で、毎月決まった額を貯金してたのが本当に活きてきました。
金銭的な事でしか貢献できないのが辛いんだけどね…。
それぐらいしか出来ることないんだもん。。。

駄目だな、言い方変えよう。
物質的な事だけでも貢献できてよかった。


あかんわ。
ちょっと最近の私、前向きじゃない。

らしくないよ?頑張れ。




☆今日の言の葉☆

締めが無理矢理っぽいな
posted by ミツキ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

弱さを知って、強くなる。

人間的に『強い人』って言うのは、自分の『弱さ』を知っている人の事を言うんだと思う。

ま、そんなの今更な話なんだけどね。

でも、それを知ってても、なかなか自分の弱さって受け止められない。
思いきり目を逸らしてるもん、私。

自分に高望みしすぎ。
いつか在りたい理想の自分を描く事も勿論大切だけど、今の自分が見えなきゃ元も子もないもんね。


ちょっとぐらいの無理はするけど、背伸びはしないで。
そのままの私で、精一杯頑張れ。





☆今日の言の葉☆

弱いから、強い。
posted by ミツキ at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

これもまた愛情表現ですよ?

「これも愛ゆえやで。」とか何とか言って、くっだらんチョッカイを出しながらニヤつくのも愛情表現なんかもしれんけど、
それを「ハイハイ。」ってスルーするのも割と愛情表現だったりするんですよ?


えぇ、愛情表現だったりするんですよ。


ただ、愛情って一口に言っても凄く意味が広いし、
ホンマに世の中には色んな愛情があるので、
上記の遣り取りの、それぞれが指すトコロの『愛情』って言う定義がすれ違ってたら、ちょっとコワいなぁとも思ったりして。

私的には、限りなく愛着とか友愛に近い愛情って言うか、
キリスト教で言うところの『フィーリア』の意を指す愛情だと思っているのだけど、どうでしょう?


最近、なんだか『愛ゆえ』ってヤツが過剰になってきているので、そんな勘違い野郎な事を考えてしまいます。
友愛だよね?そうだよね。


そうじゃなきゃ、色々困るでしょ。
と言うワケで、そこんとこヨロシク。





☆今日の言の葉☆

と、面と向かっては言えないので、書き出してみる。
posted by ミツキ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

空気の色を知らない

なんで大切なモンって見落としやすいんかなぁ?

わかってんのに、知ってるはずなのに、見えてない。


その色はきっと、無色透明ではないと思うよ?

それなのに見えないのは、さも当然の事であるかの様に、深く馴染んでしまっているから。

浸っているのは、あくまで自分の方である事実に気付かずに。




☆今日の言の葉☆

罅割れには気付くのに
posted by ミツキ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

君はなんて言うのかな?

タイのハニカむ王子サマの曲が熱いです。


我らがスムルース、Vo.徳田・O・ケンジ氏が日本語バージョンの詞を担当されたのだそうですが、、、

何が凄いって、この曲の日本語詞にオッサンを指名した人が凄いよ!!


濃い事で(一部)有名なトクダワールド全開だってのに、全然浮いてないんだもん!!
ってか、むしろハマりすぎでしょ!?


と、原曲(タイ語版)の意味が一切理解できない私がそんな事を言うと、元々のアイス君のファンの人に失礼かもしれないけど、
ホンマ、はまり過ぎですって!


アレだな、メロディーが濃いんだな。
って言うか、濃い。間違いなく濃い。

イントロ&間奏の♪チャッチャララとか、既に洗脳の粋に至ってるもん。

どんな人が作曲したのかなぁ?
タイ人の人?なのかどうかは知らんけど、一度会ってみたいわ。

多分、面白い人に違いない。


と言うことで、『恋ナンジャナイ?』の日本語バージョンにハマりました。
と近況報告してみます。





☆今日の言の葉☆

スムルの最新アルバム『チェンジ・ザ・ワールド』は名盤です。
posted by ミツキ at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。