2007年11月28日

饅頭は割ってみないと何餡かわかりません

表面をサラッと撫でて、批評する事はとても簡単だ。
とりあえず、感想を述べればいい。

表に見える所を掻い摘んで、褒めるなり貶すなりすれば良い訳だから、そんなに簡単な事はない。

ただ、本質を見ている人からしたら、『あ、この人表面的な部分しか見てないな。』ってバレバレになる訳で、
同時に、『きっと、その程度の人なんだな。』って、今度は自分自身が表向きの印象による批評の的になる訳で。

あんまり楽しい事もないから、とりあえず批評するなら中身を吟味した方がいいし、
中身を吟味するのが面倒なら、心に留めて外に出さない方が良いんだろうな〜、

って、そんな事をおもう。




☆今日の言の葉☆

白餡だと思いきや、うぐいす餡かもしれない。
posted by ミツキ at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。