2007年11月26日

そこで流されるな。

自己原因じゃない、自分の力じゃどうしようもない『不幸』ってあるでしょ。
『巻き込まれ型不幸』?、みたいなね。

そう言うのって、『自己責任型不幸(別名・自業自得)』と違って、問答無用な部分が多々あるので、
悲劇のヒロインになりやすいというか、なんと言うか。
そういう要素があると思う。


「あぁ、どうして私ってこんなに不幸なの?」

って、寸劇のセリフみたいに書いちゃうと、『そんな事思わねーよ。』って感じるかも知れないけど。
でも、『どうして私が…』とか、『本質は自分とは関係ないのに…』とか、そんな風に思うことってあるでしょ?

思わない?私だけかな?


まぁ、ともかく。
今まで私は、そんな『どないせーっちゅうねん!!』みたいな事に捲込まれてしまった時、
『どうせ、私はこう言う星の下に生まれてるんやわ。』って、妙な諦め感に襲われて、それで結構色んな事を自分から手放してきた。

考えてみたら、どこにも自分が諦める理由がないのに。


人の為に自分が何か―例えば夢だったり、時間だったり―を諦める。
本当にそうせざるを得ない時がある。実際にね。

だけど、『そうせざるを得ない』真の八方塞がり以外の時でも、
『そうせざるを得ないんだ』って自分で思い込んで、出来ない言い訳にしてる事ってあると思うんだよね。

と言うか、そうして自分で勝手に諦めたよ、私は。
沢山、そうやって間接的に誰かのせいにして諦めた。

ずるいよ、自分。カッコ悪い。


と言う事で、今回は諦めずに行こうと思う。
ここで、流されるな。

負けない。




☆今日の言の葉☆

『身の不幸』を言い訳にするな
posted by ミツキ at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。