2006年11月28日

広い庭の草むしり、みたいな。

一日じゃ物理的に不可能でしょ?って思うような、広ーい庭の草むしりを、
到底一人じゃ手も足も出ないだろうに、一人でやる事になってしまった。

リミットは、全部終わるまで。

ゴールはあるんよ、とりあえず。
草を抜いちゃえばいい。庭は広いけどね。

目処がつくまでは『自分は一体何を?』って思っちゃう事もあるけど、
後どれぐらいで終わりそう、って目処がついてきたらソコを目指して頑張る。
で、やっとの思いで一通り隅から隅までの草むしりに成功する。と。

ところが、終わった〜って腰を上げて後ろを振り返ると、
始めた場所の辺りからは新しい雑草が…。

これじゃあ、いつまで経ってもキリが無いじゃないか!!
って言うか、こんな事して何になるって言うんだ!!


って、そんな風に思う事、日常の中であったりしないだろうか?
まぁ、流石に除草についてが悩みそのものの人は少ないだろうケド、
やっと問題解決したと思っても、すぐそこに次の問題が…ってコト、結構あるよね。

どこぞの誰某の言葉じゃないけど、まさに『貧乏暇なし』だし、
トラブルだって、どっかのテレビドラマも吃驚なぐらい引っ切り無しだし。
「なんなんだよ!!!」って自暴自棄になっちゃいそうな時もある。正直。

でも、そんな無意味で辛いだけに感じる繰り返しだって、ちゃんと意味があるんだよね。
うん、『意味がある』って言うか、『意味になってくる』かな?
その後の何処かで、ちゃんと意味になってくる。

無駄そうに見える事も、ちゃんとムダじゃないし、
無意味そうな事でも、必ず糧になってるんだよね。


問題が山積みなんじゃない。
レベルアップイベントが満載なんだ。
私たちの毎日は。




☆今日の言の葉☆

草むしり名人にだってなれるかもよ!?
posted by ミツキ at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。