2007年03月31日

「出来ません。」

出来ない事を『出来ません』って言うこと。

仕事を、特に複数の人との連携をとっての仕事をしている以上、『報連相』として当然のマナーだと思う。
時間が迫ってる時なんかは、余計にね。
抱え込むより素直にヘルプを出す方が、最終的な事を考えると有効であるケースが多い。


だけど、『出来ません』って言うのって実は勇気がいるよね。
勇気がいる、と言うか…怖い。とても。


『自分が未熟だから出来ないんだ。』
そう思う。
努力とか、勉強とか、そういう自分磨きが足りないせいだと思い悩む。
そういう"出来ない"自分を拒否されるのが怖くて、それで言い出せない
そんな感じ。

人にだったら言えるんだよ。
「大丈夫。出来ること、出来ないことがあるのは当たり前」って。
だけど、自分の事となるとなかなか割り切れない。

割り切れなくて、頑張るしかないって思って、だけど頑張ってもどうにもならない事があって、悩んで…。
完璧な悪循環だ。


そんな状態の時、ある人がこんな事を言ってくれた。

「『出来ない』と言うのが怖いのは頑張ってる証拠。
結果はともかく、頑張ったカタチはちゃんと人の目に映ってるから、安心して『出来ない』って言いなさい。」


真摯に向き合った事のプロセスは、絶対自分を裏切らない。
出来るように精一杯に努力して、それでも力が及ばないなら素直に『出来ない』って言えばいい。

まだまだ躊躇いがあるんだけど、
素直に『出来ない』って口に出せる人になりたいな。
なるけどね。




☆今日の言の葉☆

完璧になんて、なりえない。
posted by ミツキ at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

人間ウォッチン

仕事の休み時間は、外の空気が吸いたくなるので大抵外にいる。
そういう時、行き着けのカフェで紅茶を飲みながら何してるかって言うと、ヒッソリと人間観察をしていたりする。

人間観察してしまうのは、私の癖だ。
友人に「よく見てるよねぇ…」と呆れられるぐらいなので、
多分、良くない方にカウントされるレベルの癖なのだと思う。

人間観察して、どうする?って特にどうもしないんだけどね。
でも、何だか面白いでしょ?

『あ、あんな癖があるんだ…。きっとこんな職業だな…。』
とか、
『なんか元気の無い顔してるなぁ…。疲れてるのかなぁ…。』
とか。
限りなく私の勝手な想像なんだけど、そういうの考えてると時間なんてあっという間だ。


そして思うのだ。
こうやって、人間観察してる私だけど、もしかしたら誰かの人間観察の対象になっていたりして…、と。
そういう人には、私が何考えてるように見えるんだろうね?

興味あるなぁ。





☆今日の言の葉☆

結局、答えは出ない事が多いけど。
posted by ミツキ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

滑稽。

フと思ったんだけど、私って、他の人の5.5倍ぐらい『滑稽』って言葉使ってる気がする。
会話でも、文章でも。

普通、そんなに使う言葉じゃないよね、『滑稽』なんて。
そんなに使わない言葉のはずなのに、一日に一回は最低でも使ってる気がするわ。

なんやろね?
『シュールだな…』って思うことも、『なんだかね…』って思うことも全部、『滑稽』。
私の中では。
っていうか、そもそも『滑稽』って言葉の響き自体がシュールじゃない?なんて言うか。


それにしても…。
一日一滑稽って、自分はそんなに世の中を斜めに見てるのか…?
いや、うん。まぁ、見てるけどね。

限りなくシュールだよね、世の中って。





☆今日の言の葉☆

っつーか、自分の存在自体が滑稽じゃない?
posted by ミツキ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

言葉にならない

伝えたい事は沢山あって、
伝えたい気持ちは溢れそうで、
伝えたい人がちゃんといるのに。

でも、その感情を言葉にすることは、私にはとても難しい事で、
どうして良いかわからず、どうすることもできず。


表現する事って、どうしてこんなに難しいんだろう?

気持ちの持って行き場がない。




☆今日の言の葉☆

溢れるけど、カタチにできない
posted by ミツキ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

憧れる、気持ち。

ちょっと自分の中で色々と決意があって、
もうずっと、本当に年単位で憧れてる方々に気持ちを伝えてきました。

あ、期待した人、残念でした。
恋愛の話じゃないです。
人間としての憧れだよ、人間としての。

なんかね、凄くスッとした。
いつの日にか憧れが畏怖の念にまで成長してて、なかなか言葉に出来なかったから。
うん、まだまだ伝えたい人は沢山居るから、コレはあくまで第一弾、なんだけどね。


『好き』とか『憧れ』とかを素直に表現できる人って、すごく素敵だなって思うし、羨ましい。
友達でも、好きな人に素直な気持ちを伝えられる人、キラキラして見える。

私は素直じゃなくて、しかも面白いぐらいの照れ屋だから、なかなか人に本当の気持ちが伝えられなくて、
結構、後悔しちゃうんだよね。

そういう意味で、可愛い人になりたいなぁ。
『好きだよ』って、ちゃんと言える人になりたい。

ね。




☆今日の言の葉☆

素直じゃないのも、度が過ぎるとね、
posted by ミツキ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

その、引力。

自分は、色んな、それこそ数を数えられないぐらい色んな人の影響を受けまくって生きてきた人間だから、
きっと、今は自分の言葉や思考になってるモノ達も、きっと元は別の誰かの思考やら言葉やらが変化して出来たモノだと思う。

どんなに流されない様にって構えてる人だって、人生に全く誰の影響も受けてない、なんて人居ないよね?
大なり小なりあるだろうけど、ほぼ100%に近い人がそうだと思うよ?私は。


逆に言うとね、自分の言葉だって充分に誰かの言葉になりえる、って事だ。
私だって、誰かに影響を与えているのかもしれない。
悪い方に、って可能性も大ありなんだけど。

こんなにも小さい自分と言う存在が、誰かに影響を与えられる事。
それって、とても嬉しい事だけど。同時にとても怖い事だなって思う。


自分には、責任を背負い込むだけの覚悟も器も自信も無い、って気持ちの表れ、、、なんだろうね。
きっと。





☆今日の言の葉☆

引きつけられる、引きつける
posted by ミツキ at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

溢れる感情、忘れる感情

悲しくて涙は出ないけど、自分の不甲斐無さが本当に悔しくて悔しくて泣けてくる。
そんな自分が情けなくて、どうして感情をコントロールすることすら出来ないんだろう、って、また悔しさが募る。

今はまだ、その悔しさを次のバネに出来るほど、感情を消化しきれていないから、
ただ、沈んだり自信なくしたりする一方で、ついつい背中に影を負う傾向にあったり。

…きっと星回りを見ても、そんな時期なんだと思う。
ある意味、しょうがないのかもしれない。


でもね、どんなに悔しくて周りが見えなくても、思いやりを失くすのはダメだ。
忘れちゃダメだよ、私。

人を思いやれる気持ちがあれば、自分の事も考える余裕が出てくるから。
誰かのhappyの気持ちで自分も元気になれるから。

人の笑顔まで汚す人間になっちゃいけない。
だから、ほら。
笑うよ?




☆今日の言の葉☆

笑顔で乗り切れ!
posted by ミツキ at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

2倍楽しい。

凄く、中途半端だなぁと思い悩む。

何が?って、何でも。
なんか色々。全部。
人として、どっちつかずだなって。

白にも、黒にも、どちらも憧れるし。
だけど、白にも、黒にも染まりきる事はできないし。
そもそも、白になりたいのか、黒になりたいのか、どっちが本心なのかも分かんない。
自分の事なのに。


けど、チョット考え直すと、別に黒か白のどっちかに決めなきゃいけないってワケじゃない。
それに、黒にも白にも、どちらにも少し足りないと言うのは、逆に言うと、白の要素も黒の要素も両方持ってるよ、ってことだよね?
それって実はスゴイお得な事なんじゃ…?

考え方によっては、白・黒単色の人生より2倍以上楽しめることになんない?
ならないかな?

いや、私は2倍楽しいと思うことにした。
一石二鳥だよ。
一粒で二度美味しいだよ。
(二つとも何となく違うが、まぁ良し)


私は中途半端な人間だから。
中途半端な人間だからこそ。

人の倍以上、毎日が楽しい。





☆今日の言の葉☆

カタチは概念でしかない。
posted by ミツキ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

結局は、記憶にすぎない

片づけをしていたら、ブログを書き始める前に書いていた日記(雑記)のノートが出てきた。

でね、何気なくパラパラって捲っていたら、ふと目が留まったページに、
「今、こうして笑っている自分は、きっと一番悲しかった時の自分を100分の1だって理解できない。」
って。そんなこと書いててね。
なんか、凄く今の自分に向けて言われてるみたいで、考えちゃったよ。

それを書いたのは、もうずっと前の事で、
その時の自分の人生の中で一番辛かった出来事は、もう既に一番ではなくなってしまっているけれど。


悲しみの記録更新が起きる度に、二度と起き上がれないと思うのに、
時間薬だったり無理矢理だったりで、その痛みが緩和した頃には、そんな自分の気持ちを完全には理解できなくなる。
自分の事なのに、まるで人事のような距離。

喉元過ぎれば…じゃないけれど、
結局、痛みや悲しみは記憶にしか過ぎなくて、"今の自分"が一番になる。


ある意味、呆れるほどのエゴイスト。
『解ったフリ』が得意。





☆今日の言の葉☆

ちっとも解ってないのに
posted by ミツキ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

休み前日

世の中は平日で、しかも祝日の直前だったりするのだけど、3/20火曜日、久しぶりに仕事がお休みです。

別にね、いいんだけどね。
言うほど休みに執着ないし。
働いた分はお金出るわけだからさ。
仕事も楽しいしね。
一日家居ても、寝て過ごす可能性が高いし。

ただ、ちょっと家族が寝静まってる休日の早朝に、爆音でアラーム鳴らしてるのが申し訳ないなぁ…と。

うん、それだけなんだけど。


普段、「次の休みの前の晩にはアレとコレとコレやって…」って考えるワリに、
実際、休み前の晩になると眠たくてしょうがない。
朝、寝坊してもいいよ、って思うと安心して眠れるって、なんだか皮肉な話だねぇ。

あー、しなきゃいけない事・したい事山積みなのに眠たい。
昼間でいいかな?
いいよね?
果たして、ちゃんと出来るのか。

妥協大好き女の休日。




☆今日の言の葉☆

ねむ…。
posted by ミツキ at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

すべって、転んで、ずり落ちて。

なんか、一ヶ月前だったら絶対書くのを躊躇った言葉をツラツラ並べてみましたよ。
もう良いよね。受験シーズンは粗方終わってるよね?
って事で。

空回り、って一度し始めると深みに嵌るよね。
これ以上ミスしないように、って焦って、余計にミス連発。
もう、なんか嫌な汗かくし、
あまりの「大丈夫?」っぷりに人が様子を見てくれてたりして、その視線に手が震えるし。
泣きっ面に蜂じゃないけど、ミスがプレッシャーを呼んで、プレッシャーがミスを呼んで。

アレ、どっかで連鎖止める方法ってないのかな?
焦らないのが一番なんだけど、それでも焦るよ。
物事に動じないような修行をこなして来たワケじゃないもの。

ま、そうやって数多く土壇場を乗り越えて、逞しくなっていくのかもしれないケド。


そう言えばタイトルで思い出した。

私、高校時代、本命大学の願書(バッチリ記入済み)を持って学校の階段を下りてる途中、上履きが両足スベって脱げて、それに足取られて転んで、上履き諸共階段の下まで落ちるという冗談のような体験をしたことある。
おかげさんで大学は受かったケドね。


空回りの後には、ちゃんと良いこと待ってるよ。
ってことで。




☆今日の言の葉☆

なんか、ムリヤリ…?
posted by ミツキ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

満腹で空腹。

充実、してると思う。

そりゃ生きてるわけだから、ムッてする瞬間もあるし、落ち込む瞬間もあるし、負の感情を抱きながら生活しているわけだけど。
でも、トータルで見たら精神的に合格点というか、ぜんぜん楽しい毎日というか。
うん、充実してるよね。

満足だってしてるし。
今の生活で、足りなくて困ってるモノは一応ないと思う。
お金も、そりゃ無いのは無いんだけど、でも生活していけるぐらいは手元になんとかあるし、
精神的にも、一応は満たされてると思う。
不満はね、ないんだよ。


だけど。
だけど、なんだろう。
なんか大切なモノを置いてけぼりにしてるような、
なんか虚しいような。
そんな感じ。

退屈ではないのに、つまらない。
そんな感じ。
何でだろうな…。


そういうのは、きっと満たされてるからこその感覚なんだと思う。
ギリギリ・スレスレの所にいたら、そんなこと思えないもん。
そんな下らない事考える余裕がないもんね、そんな時は。

究極の空腹状態で、「なんか食べたい」とは思っても「デザート食べたい」なんて思わない。


辛い時はあんなに辛いのに。
満たされたら、どんどん贅沢になる。

煩悩だらけ、貪欲まみれ。

普通に人間やってる以上は切り離せないと分かっているけど、時々、どうしようもなくそんな自分がしんどい。




☆今日の言の葉☆

潔白になど、生きられないが
posted by ミツキ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

今日の天気、靴の色。

毎日、毎日必死で走ってね。
ふと我に返ってその日一日を振り返ってみた時、どんな天気だったのかも分からない時がある。

『雨が降っていたか、いなかったか。』
それぐらいは分かるのに、空の色がどうだったとか、風の様子がどうだったとか。
あと、雲はどれぐらい出ていたか、とか。
そんなモノが全然わかんないの。

間違いなく、その時間を過ごしていた筈なのに。


走る事を無理に止めようとする必要はないと思う。
止まる時には嫌でも止まるし、走りたいなら走ればいい。
『無理しないで』を無理に実行する必要はないわけだから。

ただ、その過程で見失っちゃいけないモノってあると思うんだ。
例えばそれは今日の天気かもしれないし、自分の履いてる靴の色かもしれないし。

一番身近にあるモノが、一番見落としやすいから。


表層にあるモノも、底にあるモノも。
全てをひっくるめて自分であることを、忘れないようにいたい。





☆今日の言の葉☆

今日、空見た?
posted by ミツキ at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

せめて、もう100円値引きしてくれれば…

本日(3/15)より、大好きなネットシネマ『探偵事務所5』の2ndシーズン配信開始です。
さっき毎日の習慣で公式HPに行ったら、すでに配信開始になっておりました。

見たいなぁ。
見たいよぅ。
見たいけど。
今月節約モードにつき、お金、出せない…。

あぁぁ、公式TOPの予告編が私を誘惑する。
バックでかかっている探5のテーマソング(&宍戸錠氏のナイスな決まり文句)が、私の脳を侵食する。

せめて、せめて配信料があと100円違えば、相当違うのに…。

ぐ、我慢だ。
DVD化されるまでの我慢だ…っ。
我慢、できるか…?


とりあえず、1stシーズンのDVDを再度1巻よりレンタルしようと思います。





☆今日の言の葉☆

依頼人を家族と思え。
posted by ミツキ at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

ウケようとは思わんけど。

正直言って、私は人の評価が気になってしょうがない方だ。
ものすごく気になる。
ちょっと病的なぐらい気になる。
実際、心療内科の先生に指摘された事があるぐらい。

気にしすぎ。
自分でそう思うが、でも気になる。


別に『好かれたい』とは不思議と思わないんだよね。
ただ、『嫌われたくない』。コッチが原因。
ま、実際はマイペース過ぎて、苦手にされやすいタイプなんだけどね。


ちょっと、最近度が過ぎるよなぁ。
自信が持てない、ってのが大きな原因なのは分かってるんだけどさ。       
う〜ん。
このままじゃ、冗談抜きで普段の生活(特に仕事)に差し支えるって。
そんなんイチイチ気にしてたら、呼吸もままならん。
と、そう自分を励ましてみるのだが、どうにも気になる。

困ったもんだ。





☆今日の言の葉☆

で、周りの人に心配されて、自己嫌悪ると。
posted by ミツキ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

空間、シビア。

敢えて、非常に誤解を招きそうな言い方をするならば、
「他人は所詮、他人」だよな、って。
そう思う。

100%他人を理解しようなんて、絶対無理だ。
断言するけど、そんなの無理。
理解した気にはなれても、実際1から10まで全て理解なんて出来ない。
だって、他人だもん。
どんなに大好きな人にだって、1つや2つ「それ、わかんない…」ってトコはあるでしょ?
これもまた断言するけど、そんなのあるに決まってるよ。
だって、お互い意思を持ってるんだもん。

でもね、理解できないからこそ、知ろうとする姿勢が大切になるんだよね。きっと。
知る、って言うか、相手はどうしてそうするのかな、って。
きっと、こんな事情があるのかな?って。
考えて、そして自分とは違うその感情を認めること。
それが必要なんだと思う。

私は、そうする事を"おもいやり"って言うと思うんだけど。
違うのかなぁ。





☆今日の言の葉☆

同情とは、ちょっと違うと思う
posted by ミツキ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

枠のある世界

実際どうなのかなんて知りもしないし、知る由も無いのだけど。
思うに、自由は枠があるからこその概念なんだと思う。

もし仮に、無限の空を飛ぶ事が自由だとして。
それは本当に自由だろうか?

何処かに留まる事もなく、羽を休める事もなく。
ただ空に舞遊ぶ事は、果たして求める自由なのか。

他の人がどう思うかはわかんないけど、
私は、留まる小枝がそこにあるからこそ、飛ぶ事は自由と言えるのだと思う。


『無限ってなんなの?』なんて、決して答えが出ない問いにひたすら思いを馳せるのも、この世界に限りがある事を知っているから出来る事だ。
『無限』と言う問いの中に、いつか答えが見える事を期待している。

そんなの、矛盾以外の何者でもないと言うのに。


『画用紙の中の自由。』
『限りある世界の無限。』

生まれ落ちた時から、すでに枠の中に居る。





☆今日の言の葉☆

その外にあるのは何なのか。
posted by ミツキ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

沈黙の花言葉の香り

入浴剤を変えた。

過去にも何度か使った事のある入浴剤。
以前その湯船に浸かっていた頃、ちょうどスムルースの『沈黙の花言葉』をヘビーローテーションで聴いていて、お風呂でもよく口ずさんでいた。

お風呂一杯に広がる入浴剤の香りに、フッとそんな事を思いだしたので、
勝手に、入浴剤のその香りを『沈黙の花言葉の香り』と命名する事にした。
勝手って言ったって、私の中だけで通用する私言語なんだけど。


沈黙の花言葉の香りの湯船に浸かる。
温まってボゥっとする頭で、フワフワと思考を巡らせてみる。

あの頃、『沈黙の花言葉』ばかりを繰り返し聞いて、この香りが浴室に漂っていたあの頃。
自分は一体何を考えていただろうか。

何か大きな悩みに潰されそうになっていた、気がする。
何を信じて良いのか、何を選んで良いのか迷っていた、気がする。

逆上せきった頭では、それがどんな悩みだったのかを思い出すのが億劫で、そうする事を放棄してしまったのだけど。
もし仮に、頑張って記憶を辿ってカタチをハッキリ掴んだとしても、
その悩みや思考のコアにあるモノは、今と変わってないんじゃないかな?
多分、ね。


結局、いつも根本に在るモノは同じなのだ。
同じ事で悩んで、同じ事で悲しんで。
同じ事で叫んで。
まわる、回る、廻る。


それが、人間だからなのか、
それとも"ワタシ"だからなのか、

そんなの知らないけど。





☆今日の言の葉☆

燻り続ける、同じ眩暈
posted by ミツキ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

恋は遺伝子でするもの。

『恋は遺伝子レベルでするもの』らしい。
より丈夫な次代を残していく為に、自分にはないモノを持ってる人を好きになる。

よくテレビで見るね。
そういう話は。

まぁ、確かに強ち間違っちゃいない、と言うか、
気がついたら「はっ、またしてもこのタイプ…!」って感じで似たようなタイプの人にばっか惹かれるって有得る。
有得すぎるぐらいに。

『遺伝子レベル』って事は、この先何歳になっても好きになるタイプは変わらないことになるのか。
そう考えると、すごいなぁ。


別に恋愛だけじゃなく。
きっと自分が『良い』と感じる感情に素直に生きるのが、
人として一番自然なんだと思う。




☆今日の言の葉☆

美味しいものは、身体にいい
posted by ミツキ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

第一じゃない印象。

随分前、全く同じ事を書いた事がある気がするのだが、
20歳を過ぎた頃から矢鱈と、
「自分、O型やろ?」と言われるようになった。
しかも男性にばかり。

女性の方は90%以上の割合で「A型」と判断されるのだが、
何故か男の方には「O型」に見える様なのである。

正解を言うと、私はA型。
血液型で性格が解るかどうかは、考えてしまうところだが、
確かに財布を開いてお札を見たら、全部同じ方向を向いているし、
CD等をケースに入れる時は、デザインの上下が揃うように入れている様だ(無意識なので、確定は出来ないけど)。
変に神経質だし。
そういう意味では、うん、多分A型なのだろう。

なので、O型と言われるとチョット意外と言うか、
「え?何で?」とついつい思ってしまう。

あ、誤解の無い様にお願いしますが、O型と思われることが嫌なんじゃないですよ?
私からすると、一般的に言われているO型的な性格って憧れるし。

だけど、流石に「何で?」って思うわけですよ。こう頻繁だと。
1度や2度じゃないんですよ。
しかも、血液型なんて全然関係ない会話の途中で、突然「オマエ、O型だよね。」って。
あきらかに、「そうだよね、そうだろうと思ってた」って断定のニュアンスで言われる事が多いんだもん。

気になるじゃないですか。
何が彼らに「私=O型」だと思わせているのか。
どういう意味なんだろう?って邪推したくなるじゃないですか。

いや、本当に心の底から気になるんですけど…。

誰か、理由を教えて下さい。





☆今日の言の葉☆

えっ、また?
posted by ミツキ at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。