2007年02月28日

あれるぎー。

昨日まで人が花粉症で辛そうなのを横目で見ながら、
『今年、私は花粉平気みたいだなぁ〜。』
なんて思っていたら、朝、起きた瞬間に突然スイッチが入った。

喉が痒い。耳の奥が痒い。くしゃみが出そうで出ない。

コレを書きながら、『あれ?そういえば目は平気かも。』って思った途端に目まで痒くなってきた。

あぁぁ。
あぁぁぁ。
あぁぁぁぁ。





☆今日の言の葉☆

夏はまだかー!
posted by ミツキ at 06:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

笑う、笑う時、笑え。

最近の自分は、本当に自信が無さすぎる。
ついつい暗い顔になってしまう。
どうも、背中に影を背負っている気がする。

コレじゃあね。
こんなんじゃ、やって来た幸運だって逃げちゃうよね。

幸運の女神様は、笑い顔が好きなんだよ。
だから笑顔でいなきゃ。

心が辛くて最初は嘘の笑顔だとしても。
笑顔を心がければ、それを本当の笑顔に出来るチャンスがやってくるから。

だから。
笑う、笑う時、笑っとけ。




☆今日の言の葉☆

暗い顔って本当にピンチを招くもん!!
posted by ミツキ at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

そう、難しい話ではなく。

「アナタの長所と短所を教えて下さい。」って履歴書的な質問は、必要以上に難しいものです。

第三者に相談すると、だいたい
「○○なトコとかじゃないの?深く考えない方がいいよ。」
といった様な回答が返ってまいりますが、
そう言う第三者その人だって、自分が同じ問いに出会ったら悩んだりしているのです。

そんなもんだろ。あぁ、そんなもんさ。


結局、自分の事はいつだって難しいのですよ。





☆今日の言の葉☆

距離を置くと見えるんだけどね。
posted by ミツキ at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

扉一枚分の勇気。

扉一枚分だけ勇気が出ないのです。
多分、開けて中に入ってしまえばどーってこと無いんだけど、
どうしても、その扉一枚が超えられない。
たいてい勇気が足りない時と言うのは、案外扉の直前まで辿り着いている時だったりするのです。
その場所を探すまでの行程は、宝探しみたいで楽しいから。

なんてことはありません。
最近、凄く気になるカフェを見つけてしまったんですが、
どうしても、戸を開けることが出来ないのです。

なんか躊躇う。雰囲気好すぎて。

もう5日も扉の前まで行って引き返してます。

多分、一度中に入っちゃえば、凄く気に入って、常連になっちゃうんだろうなぁと思うのですが、なんか入れない。
意を決していった日はお休みだったし…。

タイミングの問題なのかもしれないね。
『今日は扉を開ける日じゃないよ』って誰かが教えてくれてるのかもしれない。
来週こそは、入れるのでしょうか?
楽しみです。





☆今日の言の葉☆

カップ一杯に辿り着くまで。
posted by ミツキ at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

空しかない。

上を見始めるとキリが無いね。

もっと出来るだろう。
もっと頑張れるだろう。
もっと上手くなりたい。
もっと成長したい。

自分が階段を上ったら、その段数分だけまた上が欲しくなる。

いつか天井が見つかるワケでもないのにさ。
追いかけっこが続くばかりで、満たされる事なんてないのに。

それでも、落ち込んでも、自信なくすばかりでも、また上を見てしまうんだなぁ。


見えるのは空しかないというのに。





☆今日の言の葉☆

見えないものを掴んでいく
posted by ミツキ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

鬼なし、敵なし、自信なし。

諺の通り、世の中にそうそう鬼なんて居ないし、
認識ひとつの問題だけど、敵も実はいないと思うし。

考えてる以上に世の中の人は優しいし、温かいよ。
痛々しい話ばかりのニュースを見てると忘れそうになるけれど。

少なくとも、私の周りには温かい人ばかりだ。


だけど、自分はその人達に対して何か出来る訳じゃなく、
何をしていいかも分からず、
何もせず。

『自分の為に』『自分が楽しく』と思い描いて生きているけれど、
じゃあ、どうやったら自分が胸を張って『自分』を誇れる日がくるのかも分からず。


なんか、どんどん自信がなくなっていく。

こんなにも沢山の人から光を当ててもらってるのに、自分自身に光源がない。

人に愛情を与える為に、まず自分自身を好きになるという事が必要なのなら、
私はずっと、何モノをも愛せないかもしれない。
解ったフリをし続けて。


一生このままなんて、そんなの怖いよ…。




☆今日の言の葉☆

正直、どうしていいのか…
posted by ミツキ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

多色ボールペン

○○でなければいけない。
とか、
○○って枠からはみ出しちゃいけない。
とか。

そんな風に思うから、しんどくなるんだろうなぁ。


本当は、青のボールペンである必要はないし、
赤のボールペンであろうとする必要もないし。

一本で何色だって使える多色ボールペンで良いんだと思う。
意外性なんて結局、誰かのイメージの中に存在するものだろうから。


そういえば、最近12色だとか24色の超多色ボールペン見なくなったよね。
10数年ほど前には、観光地のお土産の定番みたいだった時期があったのに。
大抵、アレ、何色かインクが出ない色があるんだよね。
ペンなのに。





☆今日の言の葉☆

出ない色もあって、よく使う色もあって。
posted by ミツキ at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

乖離する

子どもっぽいねん、結局。
私と言う人間は。

なんだろう、なんか、普通じゃありえないぐらい『大人』に置いてけぼりを喰らってる気分だ。
考え方が、ものすごい幼い。

使える言葉は大人になっても、その言葉の奥にあるものが、いつまでたっても進化しない。
幼い。考え方が幼稚。


友達と話すのは凄く楽しいけど、同時に年齢に追いつけない自分をヒシヒシと感じて、チョットだけ凹んでしまう。

もう、その時点で『どーよ?』って感じやけど。





☆今日の事の葉☆

大人になりたい
posted by ミツキ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

どんとこい!器用貧乏。

とあるサイトさんで"器用貧乏度"がチェックできるテスト(?)を見つけ、試してみました。

はは、そうですか。
私、"恐るべき器用貧乏の才能"の持ち主だったんですね〜。


…………。
…何となく分かっちゃいたけどさ…。
こうハッキリ提示されると、なんだかチョットだけ切ないね…。

定説どおりで行くと、このままでは一生大成なんかしないわけですが…――。


いや、私は負けない。

結局アレでしょ?全部が全部、中途半端なスキルでストップするから駄目なんでしょ?
そこそこイケるな〜、って油断して色々怠るのが問題なんでしょ?

わかった。だったら出来る事は簡単だ。
私っちゅー人間全部をスキルアップさせてやるわっ!!

一個だけ突出させるんじゃなくて、全部突出させてやるー!!


って、ものすごいコト言っちゃってるよね?
こんな大口叩いて大丈夫かぁ?






☆今日の言の葉☆

器用貧乏だって才能なんです!!(ってコトにしてね)
posted by ミツキ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

消し忘れなのか、なんなのか。

多くの記録媒体と一緒で、人にだって決められたメモリ数があると思う。

手に入れたもの全てを保存して先に進む事は、実はとても難しくて、しかも殆んど不可能で。
割と早い段階でその事実に気付かざるを得なくなるから、
みんな慣れた動作で取捨選択を繰り返して年をとる。

中には消去作業中にエラーが起こることがあったりして、
忘れたくない事ばかり忘れてしまったり、消したい事が消えてなかったり。


……消したいもんが消せんの、ホンマにエラーなんかなぁ…。
案外、自分の『要るもの・要らないもの』のフィルターはすこぶる正常で、
『消えてない、消し忘れや』って思ってるもんが、実はものすごく重要なんかもしれん。
自分では気付いてないだけで。


ねぇ?
将来いつか、"捨ててもいいよ"ってジャッジが下る日になったなら、
その『消し忘れ』の消したい感情は、私のメモリから消えてくれるのかな?






☆今日の言の葉☆

大切なものをいくつも捨てて、大切なものを手に入れる
posted by ミツキ at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

ばかりじゃねーだろ

悲しい事ばかり続く人なんて居るわけないじゃん。
楽しい事だって、そうでしょ?

端から見たら幸せそうに見える人だって、
皆悩んでるんだよ。
ニコニコ笑ってるから、悩みないのかなぁ〜?って思っちゃうような人でも、
よくよく聞いてみたら、なんて声掛けていいかすら解んない様なモノを抱えてるもんだ。
皆そうだよ。

相談と不幸自慢は違うでしょ?
心のうちを吐き出すのと不幸自慢は違うでしょ?
そこんとこ勘違いしちゃいけない。

どうせ聞いてる側(見てる側)にはその違いが判別付かないだろうと思うかもしれないが、
そう言うのは聞いてて分かるもんだ。
あぁ、この人は今自分の不幸に酔ってるんだ…と。

結局、自分を追い詰める事にしかならないっての。
第一、『不幸の定義』って何なんだよ。
知ってるなら是非教えて欲しいわ。

ま、どっちにしても失礼だよね。
そもそも比べるものじゃないし。


不幸だ不幸だと嘆くのは結構だが、それを聞いてくれる人が居る事自体がスッゴイ幸せなことじゃねーの?
ねぇ?





☆今日の言の葉☆

自分のこと
posted by ミツキ at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

それが難しいところ。

我ながら、時間の使い方が下手だなぁ…。
下手すぎる。

そもそも、自己管理がなってないんだよね。
体調管理しかり、時間の管理しかり。

コレは自己責任やからな〜。
時間無い時って、ついつい「今は××が○○だから」って何かに理由を押し付けたくなるけれど、
世の中を見渡せば、同じものを抱えながら24時間過不足無く過ごしてる人だって居る筈だもんね。

それが出来ないってのは、結局"自分がどんな時間を過ごしているのか"の全貌を把握しきれてないから。
なんだかんだ言って、ただ自分に対する言い訳が欲しいだけ。


そういう自分は、ちょっと目指してる自分とは違うよな〜。
世の中、理想どおりいかんのは常やけど、
理想に近づけていく努力は意識一つで出来る事。

よし、時間だ。
時間の使い方をもっと意識する。





☆今日の言の葉☆

足りないのも、長すぎるのも、結局考え方。
posted by ミツキ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

Buon San Valentino.

ヴァレンティーノですね。


『愛する―それはお互いを見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見つめることである。』


と名言を残したのは、あのサン・テグジュペリ。
なんか、この言葉好きです。


ヴァレンティーノですね。

って、それ以上でも、それ以下でもない話。





☆今日の言の葉☆

Buon San Valentino!
posted by ミツキ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

想像しよう、堅実な自分。

『堅実な生き方』ってモノが果たしてどういうモノを指すのか分からないけど、
多分、自分はソコからは外れてると思う。

いや、なんかね。
大学時代の友人は割と私の思う『堅実な生活』を送ってる人間が多いんだけど、
時々、そんな彼女達を見ていると思ってしまうのだ。
自分にそういう『堅実さ』はないなぁ、と。

どうやら、安定しかけると崩壊させたくなると言う非常に面倒な癖が装備されているらしい私の生活は、正直『安定している』とは言い難い。
そりゃ小心者だから、ギャンブラーって訳じゃないけど。
でも、彼女達から言わせれば「何で?」って思う事も少なくないみたい。
曰く、「何で、そこでわざわざ崩すの!?」と。

変なトコ几帳面だから、一日毎の生活リズムは安定してる方だと思うけどね。
精神的な面で、全然定まってない。
案外、行き当りばったりだし。


今更、どっちが幸せか、なんて論じるつもりはないんよ。
だって、そんなの人によるしね。
どちらにだって、それにあった幸せがある筈だし。

ただ時々、自分と彼女達を比較してチョット不安になると言うか…。
裏打ちされたモノがあるわけじゃない、所謂"蛇"の方に来ちゃったな〜、って自覚があるから、余計考えちゃうって言うか…。

でもね。
『堅実な生き方』をしてる自分を想像してみようと思っても、全然想いつかないんだよね。
もう、チラリとも。
仲間内で話をしてても、
「○○は、突然『えぇー』って思う様な事しそうだよねぇ〜。」
って言われちゃったりして、周囲の人間にもそう認識されてるんだなぁ、って。

あ、ちなみに補足だけど、
蛇の道を行こうと、どこを行こうと、真面目に生きる事は可能だと思う。
なんか誤解されがちなんだけど、行き当りばったりの旅だとしても、丁寧さやひたむきさ、誠実さは装備できるもの。
結局自分の心がけ一つの問題で。


と言うことで、今日も『丁寧で、ひたむき』を目標に否王道を行くのです。




☆今日の言の葉☆

そっちの道が肌に合うんだもん。
posted by ミツキ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

くだらない願い。

「ダメなのは、自分だけじゃなければいい。」

そんな風に願う事がある。


同じ様なモノを抱えてる人を見て、心底ホッとして、
「よかった、私の他にも居る…」なんて満足する。

そのクセ、誰かと同じ自分になる事は頑なに拒んだりして。

利点は自分だけのモノであって欲しいくせに、
欠点は誰かと共有していたい。

超ご都合主義じゃん。
くらだない。


ま、そういう自分がいるから、
自分が人間だってこと認識できてるんだと思うけどね。

残念ながら、聖人にはなれないし、なりたくもないし。





☆今日の言の葉☆

浅ましく、人らしく
posted by ミツキ at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

+22.5cm

何気ない毎日だけど。
何にも進んでないような、停滞感あふれる毎日だけど。

振り返ったら、ちゃんと足跡が残ってた。

22.5(正確には22.25)の、間違っても大きくは無い足の跡。
だけど、私の24年間を全て足したなら、きっとそれは凄い距離になる。

だから、明日も+22.5cm。





☆今日の言の葉☆

足跡
posted by ミツキ at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

際限の無い。

際限なく選択肢。

きっと、上から見たら迷路みたいなんだよ。巨大迷路。
で、そんな巨大迷路の中で「どっちだよ〜」って右往左往してんの。

入り口から私が辿って来たココまでの道に色を付けたなら、
きっと、それはそれはグチャグチャだろう。
もしかしたら、同じ行き止まり道に何度か入ってるかもしれないし。
実にあっけなく次の選択肢まで辿り着いてることもあるだろうし。

鳥になって、空飛ぶ道具に乗って、巨大クレーンに吊るされて。
上から迷路を見下ろしたら、一番順調にゴールまで行ける道が見えるかもしれないけど。
それじゃあ、きっと楽しくないね。

欲しいのはプロセス。
中身の無い達成感ではなく。





☆今日の言の葉☆

からっぽじゃ意味が無いんだよ。
posted by ミツキ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

回る風見鶏

自然とは言い難い成り行きで環境が変わる時は、少ししんどいね。
それが、自分で空気をかき回したその先にある事象だとしたら、余計にしんどい。

誰のせいにも出来ないし。
誰のせいにもしたくないし。


いざ「さぁ、次に行こう」と動き出しても、心の隙間が過ぎ去る日を振り返って見てしまう。
そこにもう自分は居ないとわかっていても。

残してきたモノとか、先に行くことへの不安とか。
約束なんてホントは効かない未来とか。
絡まりあった感情の塊が、息をするたびに引っかかって呼吸が苦しくなる。
目的地を見据えて顔を上げて歩きながら、零さない様に目を瞬かせてみたりして。


でも、ね。
風の向きは変わるものだから。何度だって変わるから。

そうやって、その繰り返しで生きてるんだから。
不安とか、色んなものと一緒に、口角上げて次の風まで歩けばいいさ。





☆今日の事の葉☆

その一つ一つが自分になるんだから
posted by ミツキ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

A先生

小学校三年生の時、一人の変わった先生に出会った。

流石にお名前は出せないので、A先生ってしとこうかな?
ちなみに「A」はイニシャルです。『少女A』と同じ意味の「A」じゃなく。
ま、それは蛇足ですが。

A先生はね、最初にも書いたけど小学校3年生の時の担任の先生。
本人も「元気がとりえ」と断言するぐらい元気で明るくて、
そして何より思考に偏りの少ない人だった。

当時は分かんなかったけど、今から思うに、凄く勉強家だったんじゃないかな?
本当に色んな事を教えてもらったよ。


「世界には沢山の習慣や宗教があって、そのどれもに間違いなんてないんだよ。」
って事。
「命の重さに優劣なんてないんだよ。」
って事。
「悲しみの深さは一律では無い」
って事。
「人には、得手・不得手があって当然だ。」
って事。
「失敗する事は恥ずかしい事じゃなくて、成功する日のための準備だ。」
って事。

その当時、特に深刻だった南北の経済格差の問題だって、
先進諸国の飽食についての問題だって、
思い返せば、全部A先生が教えてくれた話だ。

そして、その全部が押し付けじゃなくて、
「こんな事実があるんだけど、どう思う?」って、そんな感じだった。


本当に素晴らしい先生だったな。

幸運な事に、私はここまでの人生で『先生』って呼ばれる人達にとても恵まれていたから、『恩師』だと思う人は何人もいるんだけど、
でも、その中でも特にA先生の事は忘れられない。


あぁ、そう言えば。
当時、何を思ったか宿題の日記に
「予言します。A先生は1992年の3月35日に結婚する!」って書いて、
「じゃあ、私は結婚できないね(笑)」っコメントをもらった事があるんだけど、
結局その後、1999年の時点で先生が結婚されたって話は聞いていない。

アレ?私のせい?
と言うか、今どうされているんでしょうか?
お元気だと素敵ですが。





☆今日の言の葉☆

故意はなかったのよ?勢いによる勘違いよ?
posted by ミツキ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

さんた、さんじょう

『サンタ参上』でも、『三太、山上』でもなく、
当然『サンタ惨状』でもない。
って、どんなシチュエーションだよ!な話だけど。


さんた、さんじょう=三多、三上


三多、三上ですよ。欧陽脩の。

『三上』はともかく(コレも凄く真理を衝いていると思うけどね)、
『三多』は本当にその通りと言うか、短い言葉なのに的確に示してあると言うか…。
時々、思い返してハッとするよ。

今の自分には必要な三つの多のうち何が足りていないのかなぁ…って。
そんな風に、自分を省みる為の指針になる凄い言葉だと思う。

流石だ、唐宋八大家。
でも、私は蘇軾の方が好きだ。
どうでもいい情報だけど。




☆今日の言の葉☆

サンタ三丈
posted by ミツキ at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。