2006年09月29日

趣味or睡眠

趣味の為に仕事を減らせるような度胸がないので、
好きな事をしようと思ったら、どうしても睡眠時間を削ってしまう事になる。

が、決して眠たくないわけじゃないので、趣味はしたいわ眠たいわで葛藤しまくりである。
まさに今も、したい事があるにも関わらず、睡魔が目の前をウロチョロ。

素直に寝てしまうか?

体の事とか、日中の仕事の事とか考えたら寝るべきだろうなぁ。
と言うか、人間が本来持ってるリズムに逆らうなよ、って話なのだが。

うん、そうだね。
寝るか…。


なんか、両方うまくいっちゃうような道具無いかな〜。
ドラ○もん御用達の未来デパートあたりなら売ってるかも知れないなぁ…。





☆今日の言の葉☆

週末だけ一日30時間にして下さい!
posted by ミツキ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

ちっとも良くない。

テレビや新聞で不幸なニュースを聞いたりして。
一瞬、自分の知人が当事者では…?と心配する。

違うと分って、ホッとして、
思わず「(違って)良かった…。」等と口走っていて。
私には関係ない話だ、とスルーしそうになる事が時々あるのだが。

ちょっと待って?
良く考えれば、いや、良く考えなくても。
ちっとも良くないじゃん。

偶々、知り合いが当事者じゃ無かったってだけで、そこには被害者(ともすれば加害者)が居た訳なのにさ。
ちゃんと皆で考えなきゃいけない事実なのかもしれないのにさ。

「良かった…。」「もう関係無い」って。
全然良くないわ。


無意識の時に、そんな事を考えてる私ってのは、
結局、自己中というか、浅ましい人間なんだと思います。

なんか恥かしい話だな。
自分が情けないと言うか…。

みっともないよ。自分。





☆今日の言の葉☆

何が良かったんだか
posted by ミツキ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

つれづれ

徒然とも、何とも。

思いも浮かばず、書けもせず。

ただ、それでも、一言でもいいから、今の私を残そうと躍起になって文字を書いている。

徒然とも、何とも。

思い浮かばず、書けもせず。


一体、何をそんなに焦ってるんだか。





☆今日の言の葉☆

必死になる理由なんて無い筈なんだけど。
posted by ミツキ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

循環小数0.99…

多分、これからもずっと、『答え』なんて見つかんないんだと思う。

子どもの頃は、大人になればきっと探している答えが見つかると思っていた。
大人になって、相変わらず答えは見つけられなくて、
おそらく、今よりもっと時を重ねても、きっと見つかりやしないだろう。

『答え』を見出す時。
それはきっと、全てを終える時なのかもしれない。
『答え』を見つけて、そしてその時初めて『問』を知る。
次の世があるとするなら、その世界で終わりの向こうに見た『問』の『答え』を探すのだろうか。

そうか。そうだね。
だとしたら、『答え』の向こうに待っているのは「『問』を知る」事じゃなく、「『問』を思い出す」事だ。


循環小数0.99…みたい。
掴めないあと少しを、ずっとずっと探して、時に笑い、時に涙し、歩き続ける。

循環小数0.99…はね、式の上では=1になるんだよ。
実際の証明式を作って目の前に置いてみても、実はその意味が分んなかった。
正直、今でもあんまり納得できないんだけど。
だけどね、ちょっとだけ。分った気がする。

私達の行く0.99…は、何時の日か時を止めて『1』と言う完結した歴史になるんだ。
だけど、私の中で過ぎていく時は、何時までも0.99…のまま。
きっと、自分自身は未完成のままなんだよ。


未完成なこの世界を、絶妙なバランスで生きている。





☆今日の言の葉☆

誰かと、何かと、支えあいながら
posted by ミツキ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

感じる力

ほぼ毎日、こうしてブログを更新して、自分に向き合っていて。
そうして気付いた事がある。

最近、特にココ2ヶ月程は特に顕著に。
『感じ取る力』が弱くなっている。

日常に転がってるスペシャルを感じ取る事、探す事が出来ていない。
モノゴトの本質も見逃しがちで、感動も少なくなった。
何と言うか…、からっぽだ。色々と。

そうなった理由も何となく分っていて、分っているんだけど流されている。


なんか、人口甘味料みたい。
チープでトゲトゲした感じ。
ソレこそが、自然で一番美味しい甘さだと思っている人みたいでもある。

カラフルなプラスチックみたいな。
そんな鮮やかだけど煩わしい情報が一度に溢れすぎた。
いつまで経っても有形のままの情報が。
飽和状態なのに、そんなモノ達が還る事なく存在し続けるので、本当に欲するモノを取り込めない。


作り物の音のしない場所へ行きたい。





☆今日の言の葉☆

ハリボテみたいな日常
posted by ミツキ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

聴覚派。

世の中の多くの人に、五感(六感)の中で、
「自分はこの感覚に関しては自信がある」とか、
「判断基準としてのウエイトが高い」
っていう『感覚』があるんじゃないかと思う。

私にとってのそれは、間違いなく聴覚。
普段の生活を思い返してみても、過去を振り返ってみても、他の感覚に比べて聴覚の占める役割は大きい。

普段の生活の中で一番不快で耐えられないと感じるのは、実は何よりも苦手な音(声)を聞き続ける事だし、
何か情報を得る時も聴覚に頼る事が多い。
極端な話、『好き・嫌い』の判断までも『音』や『声』で下してしまう時さえある。
また、自分が何かを伝えたい時も、音感だとか語感(響きって意味の方)を意識する事も多い。
まさに、聴覚に子泣き爺状態だ(←??)


嫌でも入ってくるでしょ?耳からは。
寝てたりして全く自覚の無い状態でも、常時音を拾い続けてるんだよね。
(目覚まし時計が機能するのは、そのお蔭なんだけど。)
どんなに耳に栓をして外界の音を塞いでも、血液の流れる音や鼓動の音は常に耳の奥に響いてるし。

私は凄く疑り深い人間だけど、聴覚のこの良くも悪くも嘘の無い部分は信頼できる。
不思議とね。

ま、その代わり、視覚から入ってくる情報にはワタワタしまくりなんだけどさ。




☆今日の言の葉☆

アナタは何派?
posted by ミツキ at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

勉強しよう、勉強。

なんか、最近ちっとも勉強していない。

なので、
「そろそろ秋だし涼しくなってきたし、そろそろ机学習するか」
と、1ヶ月ほどずっと開いてもいないノートを手にとって、パラパラとめくってみると、
コレがナルホド、面白い。

自分のノートを見て『面白い』なんて、自画自賛もよいところだが、
ココに書いている文章と同じ人間が書いたとは思えないぐらい、面白いのだからしょうがない。
ま、正確に言うとテキスト代わりに使ってる本の内容が面白い、って話なんだケド。


大人になってからする勉強はどうして楽しいのだろうか?
たぶん、自発的にやるからだね。
学生時代だって、好きな授業はワクワクしてた。
きっと、終止そんなノリでやるから楽しいんだ。

もし、学生時代に今ぐらい勉強に対するヤル気があったらねぇ。
今になってから齷齪することも無かったでしょうに。

高校時代も大学時代もノート職人ではあったから、実家に帰ってノートを発掘さえ出来れば、今からでもやり直せるかもしれないなぁ、とは思う。
ただし、時間のリミットは一つの事を学習するので精一杯だ。

あぁぁ、なんでもっと時間のある学生時代に勉強しなかったんだろう。
勿体ないことしたなぁ。

って事で学生の皆さん。
今のうちに学べる事は学んだ方が良いです。マジで。





☆今日の言の葉☆

シャー芯、買いに行かなきゃ
posted by ミツキ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

引き際の話。

『引き際』って言ってもね、このブログの事ではなく。
(ブログはまだまだ続けるつもり。現時点では。)
まぁ、なんて言うか、特になんて事はなくテーマが『引き際』って話なんですけれども。

今、凄く中途半端な状態にあるモノがあるとします。
そんな時、
「それ以上グダグダしても仕方ない。ある日突然スパッとやめる。」
が良いのか、
「ちゃんと中途半端状態を解消してから、準備してやめる。」
のが良いのか。

さて、一体ドッチなんでしょうか?

結局、どちらが自分の気持ちをスッパリ切れるか・納得いくか、って事なんでしょうけれども。

自分は凄く優柔不断な人間なので、本気で何かの幕を引くとなったら前者でないと踏ん切りつかないかなぁ、と思います。
多分、後者だと何だかんだしてるうちに『やめた、をやめました』になりそう。
ただ、前者を選んでしまうと後々まで『最後までやればよかった…』って後悔しそうで…。
そうなると、キッチリ後者なのかな?とも思ってみたり。

そんな事考えてる間に、巡り巡って『幕降ろすの?降ろさないの?』という根本の問題に還って来るという、ね。
ループに入ってしまうワケです。


う〜ん。
ハッキリした『理由』や『根拠』が無いからこんなに悩むんだろうな…。
続ける『理由』も止める『理由』も。

始める事より終わる事の方が難しいね…。





☆今日の言の葉☆

『いつの間にか止めてた』にはしたくないんだけど…
posted by ミツキ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

ソコソコの歳ですから…

ハッと気がついてみれば、ソコソコいい歳になってまして(いや、まだ若いんですけどね)、
けっこう、将来の事とか色々不安になったりする訳ですよ。

なんて言うのかな…。
10代とかね、学生時代とかに抱いてたのとは、また別の種類の不安って言うの?
よりリアルに『このままでいいの?』って不安。
あと、歳を重ねていく事に対しての不安。

軽い所だと、「このままお肌は曲がり角を曲がりきってしまうの!?」とかなんだけど(笑)
ただ、そんな事ばかりも言ってられないのも事実。


自分が歳をとるという事は、親やお世話になった大人の人達もまた歳を重ねていくって事で。
それに伴なって、今までは誰かに持って貰ってた責任を今度は私が担う番になるって事なんだよね。

自分の事だけでもグラグラしてる自分が、そんな重要なモノを抱えてやっていけるのか?って凄く不安になる。
このままの自分じゃ、おそらく潰れるよ。
それか、責任転嫁して逃げちゃうか。


一成人として必要なものって、自然と培われていくモンなんだろうか?
それとも自分で鍛え上げていくモンなんだろうか?

正直、自分では培われてる実感も無ければ、自分で鍛える方法も解らない。
じゃあ、今「そんな自分が出来る事って何?」って考えたら、
結局、目の前にある事を納得いくカタチでこなしていく、ぐらいしか出来ないなぁ、って。

同じ事をやるならば、イヤイヤよりも楽しみたい。
ドキドキ・ワクワクを沢山見出せる人でありたいね。




☆今日の言の葉☆

足元を見て、気付く事。
posted by ミツキ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

つないじゃいました。

『つないでみました』シリーズではタイトルが続かなくなったので、仕切りなおしのバトン17弾です。
今回は素敵お姉さま、稔さんから頂いた『アーティストバトン』

音楽ネタは書いてて楽しいので大好き♪
稔さん、ありがとうございます。

という事で、回答へ。


☆お気に入りのアーティストは?

回答:スムルース!!
今の一番は、やっぱりスムルです。スムル。
あと、他を挙げるなら『椿屋四重奏』かな?
スムルのVo.徳田さんのお母さんも大好きだと言う、椿屋四重奏のボーカル中田さんの歌唱力の凄さ!!
上手すぎ…。圧巻です。曲もとても良いし。


☆好きな理由を簡単に3つ。

回答:ココから先は、スムルースで回答。

その1・徳田さんの歌詞・曲
その2・パフォーマンス力
その3・メンバー全員が音楽バカなところ。
番 外・音楽以外にも色々芸達者なトコロ。



☆好きな曲は?

回答:沢山ありすぎますが…。

あえてbPを決めろと言われたら『ヒマワリサン』かなぁ。
インディーズ時代の曲ですが、屈指の名曲だと思います。
その他、『カナメ詩』『宇治川』『冬色ガール』『恋の海』『六月の天気予報』『ダイビング深海魚』等等…。
メジャーデビュー後に発表されている曲は通販系サイト(セブン&ワイとか)や音楽系サイトで試聴可能です。
特に、どんなファンも認める名曲『冬色ガール』は一度試聴の価値あり!!


☆お気に入りの歌詞フレーズを。

回答:全部だね、全部。

特に歌詞がお気に入りなのは、メジャーデビュー曲『帰り道ジェット』かな。
コレは多分Listen Japan!でスムルースをあたれば歌詞が出てきた筈なので、気になる方はそちらへ。
そういうサイトでは確認できないモノから挙げるとすれば『万葉の夜に』の歌詞。

   「伝えたい事は 言葉にならなくて
    言葉にならなくて 気持ちだけ溢れた」


コレ。
その他、上記の質問にも挙げた『ヒマワリサン』『宇治川』も良い歌詞です。どうしても気になるわ、という素敵なお方は個人的にメール下さい(笑)



☆このバトンを回したい人、回す人5名。

回答:お持ち帰り自由で。

はい。いつもどおり、ご自由にお持ち帰り下さい。


いやー。
必要以上に長くなった…。しかもゴミゴミしてて読みにくいのなんの…。
それはともかく、11月1日発売のスムルの新曲、どんなだろう…?





☆今日の言の葉☆

やっぱり好き!!
posted by ミツキ at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

選択の連続だっ!!

人生とは、まさに『選択の連続だ』と思う。

朝起きて、朝食を食べるにあたって、『パンにするか、ご飯にするか』でまず一つ。
そのあと、仮にパンを選んだとして、『パンに塗るのはマーガリンか、ジャムか』で、ほら2つ。
更に更に、『飲み物をコーヒーにするか、紅茶にするか、その他にするか』で、もう一つ。

この先だって、いくらでも発展していくでしょ?
『ストレートか、ミルクティーか』とか。
『ミルク多めか、紅茶多めか』とか。


本当に些細な事まで、呆れるほど選択の連続なんだよね。
しかも面白いのは、こんな単純な選択の中にも既に出会えなかった構成要素がある事。

もし仮に、最初の選択肢で『パン』ではなく『ご飯』を選んでいたら、
まぁまず『マーガリンorジャム』なんて選択肢とは出会えなかっただろう。
その後の飲み物のチョイスだって変わってたと思うし。


一日に一体どれくらいの分岐点に立っているのか分らない。
ましてや、些細な選択肢を一つ変えるだけで、もしかしたら先がチョッピリ変わってしまうかもしれない。
予想もしないことで、大幅に変わっちゃう事だってありえるんだもんね。

そう考えると、『変わりばえのしない一日』なんてホントは無いな、って。
そんな変化だらけ、選択肢だらけの一日の集合体たる人生で、『つまらない』なんて無いな、って。

結局、自分の心持ひとつなんだろうねぇ。
うん。





☆今日の言の葉☆

こうしてる瞬間にも、選択肢が隠されている
posted by ミツキ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

元気そうだし、元気だし。

全然会えないんだけど、元気みたいだから『まぁ、いっか』って事にする。
うん。私も元気だしね。

ちょびっとだけ、すぐに会えちゃう人はズルイなぁ、とも思ったりするけど。
でも、なにより元気で居てくれる事が一番だから。


元気そうだし、元気だし。

今日も明日も、いい日だね。





☆今日の言の葉☆

大切だからね
posted by ミツキ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

幸せの波紋

その一つの命は。

多くの人たちに愛されて、そして自らも誰かを愛し。
その愛情は、いつしか『幸せ』という名を持って、波紋の様に広がってゆくのです。

その一つの命は。

誰かに繋がる優しい息吹。


言葉なんかじゃ伝えきれないけれど、その命を生み出してくれたアナタに。
そして、生まれてきてくれたアナタに。

ありがとう。




☆今日の言の葉☆

幸多き道でありますように。
posted by ミツキ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

♪クシャミ3回 …花粉症?

朝起きてから、矢鱈とクシャミは出るし、鼻はぐずぐず言ってるし。
それに心なしか、数日前からアレルギーが酷くなってきた気がするし。

もしかして花粉症だろうか?

と思って居たが、仕事中、体がなんとなく熱い気がするわ、喉もヒリヒリと痛いわで、ようやく風邪である事に気付いた。


のだが、窓を開けた途端にクシャミが出るなんて症状もあったりで、
やっぱり花粉症かもしれない。


両方だったりして。
両方かもね。


どっちにしても、あんまり快適ではない秋の始まりである。




☆今日の言の葉☆

クシャミが出そうで出ない……!
posted by ミツキ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

結局、騙してる?

嘘と、隠し事と。

自分は嘘は付かないけれども、物凄く沢山の事を隠して生きている。
そうやって隠したがる理由を、『干渉されるのが苦手だから』なんて言ってたりするんだけど、本当はちょっと違う。

人から触れられるのが怖いのではなくて、本当は自分が自分の事に触れたくないからなのだ。
自分自身に目を背けて見ない振りをしている。
そんな事の繰り返しが、沢山の『隠し事』を生み出した。


嘘はね、ホントに吐かない様にしてるんよ。
どうせばれるしね。
吐いて良い嘘は吐く事もあるけれど、騙されても騙しても傷つくような嘘はしない様にしてる。

けどね時々、隠し事をしている事自体、既に誰かを騙している事なんじゃないかって気がするんだ。
結局、私は隠し事をする事で人を騙してるんじゃないだろうか…、と。

ただ単に言ってないだけ、と開き直る事は出来ても、
必ずどこかに言わない事への『罪悪感』が付きまとう。
隠す事で、信頼する事を拒絶しているような…、そんな風に思えて。


騙してる?騙してない?
どっちなのかなぁ…?





☆今日の言の葉☆

信頼してないワケじゃなくて
posted by ミツキ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

その間、0.0なんとか秒

コレ書いた事あるかもしれない話なんだけど、書いていない様な気もするので書いてしまおう。
ネタもないし。


苦手だなって感じている人に会った時、その感情を隠して笑顔で接する事は難しい事ではない。
オトナだと特にね。
あからさまに感情見せてたんじゃ生活できない場面も増えてくるから。
そんな感情を微塵も見せない完璧な『演技』をしてる人、沢山居ると思う。

だけど、どんな完璧の中にも必ず穴はあるんだよね。
コレもそう。

例え、どんなに完璧な笑顔で「苦手だ…。」って感情を隠したとしても、対象を発見した瞬間の0.05秒程度(正確な数字が思い出せないけど、たしかこれ位)の間に、
『イヤっ!!!』って拒否の表情をしてしまっているんだそうだ。

もっとも、本当に短い時間なので相手も気が付かないらしいんだけど。
でも、頭が認識していないだけで、視覚は確実に捉えてるワケじゃない?
って事は、合う回数が増えれば増える程、相手の無意識のうちに『苦手です』って訴えかけてる事になる。

うむむ…。
感情って隠したって伝わっていくもんなんだね。
不思議だなぁ。


という事で、
以上。実はどうにでも応用できる0.0なんとか秒の話でした。




☆今日の言の葉☆

良い方法に向けるヒントにもなり得る
posted by ミツキ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

雲と一緒に流される

考えてみたら、私と言う人間の中に『目的意識』ってヤツは無いなぁ、と思う。

「○○したい。○○する!」ってのはあっても、
「○○する!結果、こうしたい。」ってビジョンはあんまり無い。
願望とか目標を何のために達成したいのか、実は特に理由を持ってない。
あえて理由を探すなら、「私がしたいから。」かなぁ、って。

もし、「私がしたいから。」の先に「そして、楽しく生活したい。」という意識があれば、それは立派に目的なんだろうけど、
特にそういうワケでもなく。
私のそれは、ただ単純に「(楽しかろうと、そうでなかろうと)やりたいから、やる。」であって、目的意識なんて微塵も無い。


目的って、無いよりあった方が良いんだろうなぁ、って思うよ。
時間を有意義に過ごす為にはね。
だけど、自分はそんなに計画性のある人間でもないし、考えても思いつかないので、とりあえず風任せに生きる事にしよう。

ま、いいじゃんね。
『気が付いたら、何かを得ていた』って人生も。





☆今日の言の葉☆

風に流されフワフワリ
posted by ミツキ at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

気負いと気合

普段だったら簡単にこなせる事なのに、
いつもとは違う人目があるとか、『今日は失敗できない!!』って理由があったりすると、途端にダメになるって事ない?

私だけ?

ココ一番!!って気合を入れて何かをする時、適度な緊張ってのはヤッパリ必要だよね。
ただ緩んでるだけだと、どっかでボロが出てくるし、崩れた時に修正が効き難いし。
だからって気合を入れ過ぎて、結果「失敗したらどうしよう…」って気負いになったら意味がない。


プレッシャーの匙加減って、本当に難しい。
規定値があるわけじゃなくて、人によってまちまちだから、余計にね。

緊張してる自分の事を冷静に分析できるぐらいの人になっちゃえば、少しは楽になりそうな気もするけどな〜。
でも、突然にはそんな人になれないし。


やっぱり、何事も楽しむ、ってトコロに落ち着いちゃうみたい。





☆今日の言の葉☆

いつものパターンですが
posted by ミツキ at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

体内リズム

体内時計のリズムって、自分が思ってるよりずっと狂ってると思う。

普段、メトロノームを持ち歩いているわけじゃないから分らないけど、
一秒二歩のリズムキープを心がけて歩いていたとしても、だんだん早くなって、最終的には一秒2.5歩ぐらいになってるんじゃないだろうか。

「大人になると、時の流れが速くなる。」

って良く言われるよね。
私も、それは実感としてヒシヒシ感じるよ。
子どもの頃は、もっと1秒の感覚が長かった気がするもん。

実際ね、「目を瞑って60秒経ったら目を開けて下さい。」ってテストをすると、所謂子ども達は70秒近く(長い子はもっと)目を瞑ってるんだけど、
年齢が上になればなるほど60カウントが早くなって、早い人では45秒ぐらいで目を開けちゃうんだって。

不思議だよね〜。


同じ1分間を60秒の心算で過ごすのと、45秒の気持ちで過ごすのでは、明らかにココロの余裕が変わってくる。
どうせなら、60秒を生かしたい。

狂ってたってリズムは治せるんだから。
今からでも遅くない。体内時計をリセットしよう。





☆今日の言の葉☆

カチカチカチカチ
posted by ミツキ at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

たくさん、いっぱい、ありがとう

ウチの父は、世の中一般に言う『口うるさい親』ではない。
かと言って、娘を甘やかしたり溺愛するタイプでもない。

放任主義と言うわけでもないので、敢えて言うなれば、人生の先輩・アドバイザーといった存在だ。

そんな父から教わったのが、
「『ありがとう』が言えて・尚且つ(作って)食べる事さえ出来れば、どこでも生活できる」
と言う事。


言われた当時は正直「そうかぁ?」と思っていたのだが、
ナルホド。この年齢になると良く分る。
本当にその通りだ。

特に前者、「『ありがとう』が言える事」の重要さについては特に。

心のこもった「ありがとう」は、言われる側だけじゃなく、言う側も気持ち良いもの。
その瞬間は、本当に感謝の言葉だけで生きていける気さえするぐらいにね。



「ありがとう」はいくら言っても減らない。
むしろ生み出す言葉だから。

沢山言って、イッパイ幸せを創りましょう。





☆今日の言の葉☆

些細な事なんだけどね。
posted by ミツキ at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記という名の徒然文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。